本文へスキップ

大阪交野にある<NAKAO学習教室>

TEL.050-3396-6961

〒576-0036 大阪府交野市森北1-37-12
香里プラザZ404号(河内磐船駅すぐ)
e-mail: pypykky-sakubun@yahoo.co.jp

志望動機エントリーシート

方針

今やESも通り一遍のことを書いただけではほとんど意味をもたない状況になっているようです。しっかりと自分を掘り下げ、自己との対話を繰り返すことによって、はじめて面接官にアピールできるESが書けるようになり、面接に臨むことができるようになるのです。

NAKAO学習教室では、本人との対話を繰り返すことによって、自分らしさ”個性”をしっかりとアピールできる「志望動機」を書き上げていくお手伝いをしています。

学校の授業に「志望動機」はありません。
何を書いていいのかわからないのはみな同じです。
だからこそ、しっかり取り組めば、ほかの人と頭一つも二つも差がつく分野です。

高校入試、大学入試、就職活動などで、「志望動機」を書かなくてはなりません。留学や奨学金申請のときにも、「志望動機」は求められます。
また、「面接」も志望動機を元になされるため、面接対策としても志望動機をしっかりと作り上げておく必要があるのです。


戦略

目標イメージ

■直前短期戦略
現在あるものを素材に、志望動機を作り上げていきます。
<過去─現在─未来>の物語をしっかり作ります。その際、論理的矛盾がないように作らなければいけません。また、試験官にわかりやすく訴える内容でなければいけません。「作る」という言葉を使っていますが、もちろん、実際とは違う「嘘」を書くことはできません。
今ある素材をどう組み合わせれば、うまく物語が作れるのか──そこが課題になってきます。対話によって、物語の素材もいっしょに発見していきましょう。自分ではなんでもないと思っている経験でも、磨けば、キラキラと光る宝に変わるかもしれません! 

そんな原石をいっしょに探し、磨いてみませんか?

■長期じっくり戦略
長期の場合は、実際に志望動機を提出するまでに、「素材」を作ることができるのが強みです。
深みのある志望動機にするためには、自分の経験を掘り起こすだけでなく、世の中の動きにもしっかりとアンテナを張り、「全体の中での自分」をしっかりと作り上げたうえで、なぜ志望するのか、という物語を作っていくことになります。
自分の経験を掘り起こすこと、世の中の動き(時事問題など)について知ること──どちらも時間のかかる作業です。また、自分の経験を掘り起こしているときに、もうちょっとこのとき頑張れたんじゃないの? あきらめる前に何か工夫ができたはず、という課題が見つかります。さぁ、見つかったときがはじめるとき! 中途半端になっていた自分の思いや頑張りに今、ここらから、挑戦してみましょう! 

その挑戦が、志望動機に説得力を与えるだけでなく、自分の確かな成長にもつながるのです。

★奨学金、とれました!